書評 50歳からラクになる人生の断捨離

未来を創る朝読書

令和元年 6月27日

50歳からラクになる人生の断捨離

著 やましたひでこ

版 祥伝社

本日のやましたひでこさんからのメッセージと共感ポイントは

「自分の未来が今以上によいものであると信じることができれば、必要になればまた手に入る と自然と思える」

そうなんですよね。

自分に言い聞かすではなく、自然と思える境地であること。

だまだ私、言い聞かせながらお洋服の断捨離とかやってます。

だから 捨てすぎて次のシーズンに「あ~断捨離しちゃったんだ~」とかになっています。

自分をシンプルに保ち、妙な謙遜に陥らないポイントは、

ありがとう という魔法の言葉を使うこと!

本当にね

何度も読み返している本だからこそ、気づきの多い本日の1冊でした。

関連記事

  1. 書評 さあ、商いを楽しもう!まちゼミ

  2. 書評 なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?

  3. 習慣力という力 ブログ?No16

  4. 書評 未来を予約するCITTA式手帳術

  5. よい会計は悪いことがおきたとき真実を教えてくれる 

  6. 書評 人間関係境界線の上手な引き方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA