書評 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったトンデモナイこの世のカラクリ

未来を創る朝読書

今朝の読書はこちら(タイトル長いよ)

「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったトンデモナイこの世のカラクリ」

著 小池浩

版 サンマーク出版

 

 

いつの間にか累計20万部の著者になった小池浩氏の3冊目。

一見コミカルなタイトル、中身もドSの宇宙さんイラストと小池君のイラストがふんだんに散りばめられ、とっても読み易い。

 

内容はトンデモナク、重要で真理をついています。

だからこそ、今、困っている人の腑に落ちやすく、わかりやすさを追及した書き方になっています。

もう一回書きますが、トンデモナク重要で真理をついています。

 

 

それは、この3点

1.未来は、非連続な連続の向こうにある。

2.経営者は未来を「なんとなく」感じている=センシング。

3.それを実現するのは、行動のみ。そして、現実を創っているのは当の本人。(どんな理不尽なことであっても)その理不尽さを克服し、望む未来を創れるのも、本人のみ

 

 

関連記事

  1. まずひとりに伝え、伝わることから知恵の経営onepointo…

  2. 書評 日本人の勝算

  3. 書評 「対話」がはじまるとき

  4. 今、読むと腑に落ちる本「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト

  5. 書評:「マーケティングとは組織革命である」  大儀と勝ち筋を…

  6. 書評 稼げる技術

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA