書評 日本人の勝算

朝読書
連休第三段

最近話題になっている良書「日本人の勝算」
著者はデービット・アトキンソン氏

 

まず経済は理系の学問であるが、日本では文系的な学問として扱われている。
と巻頭で述べる。

 

 

彼の説く日本経済再生のポイントとは。

1.最低賃金をあげる。 ただしそれは、強制的な経営者と労働者の再教育が前提。
2.日本の労働者の潜在能力は高い。しかし潜在能力にとどまり生産性向上に寄与していない。
3.技術はGDPの向上に寄与しない!

 

 

この本を読みながら、頭をよぎるのは、経営デザインシートです。
自社の今だけをみず、部分だけみず、全体を俯瞰し あるべき形にデザインする。
その根底にあるのは、日本企業このままではいけない!というか危機感。

人材資本という切り口やデンマークに学べという言説も含め、こちらの書籍から感じられる危機感と経営デザインシートを構想された方とは同質の危機感を持っていらっしゃる、 とそう感じるのは、私だけでは、ないはず、

良書です。

 

 

関連記事

  1. 書評 「対話」がはじまるとき

  2. まずひとりに伝え、伝わることから知恵の経営onepointo…

  3. 書評 「見えない資産」経営

  4. 書評 2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則

  5. 本当の自分に出会えば、病気は消えていく

  6. 書評:「マーケティングとは組織革命である」  大儀と勝ち筋を…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA