質問の質は人生の「質」

前回の投稿は、問いがすべてを創るというタイトルでした。

その翌週、リーディングファシリテーター養成講座で、出会った方から、

「質問の質は人生の質」というお話を頂きました。

私たちの脳は無限の可能性を持っているとよく言われます。

でも、物事考える時には限定された条件下で積み上げて行かないと

現実的な「解」にはたどり着きません。

問いはその条件設定を行うものであると同時に

目指す未来の「ダウンロード」を導くものであるべきですね。

目の前の、困った問題を生じさせているのは、今の思考の枠組みでいる私自身。

よって現在の思考の枠組みからでない限りは、本質的な「解」へはたどり着けない。

だから、まず、最適と自分が感じる「未来」を描きそこへ至道のりを

問うことが、問いの本質なのだと思います。

自分の未来をどのように描くのか、

描く未来があったからこそ、私たちの現在があります。

 

ビジネスモデルのお話はこの次に

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ビジネスモデルキャンパスで効く努力・効かない努力を見極めよう…

  2. 人と違うことをやれ

  3. 補助金 バブル

  4. 自分を知る 2 圧倒的技術優位があってもなお

  5. アウトプットをどこにおくか

  6. 過剰な謙遜にひそむ、クレクレ星人

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA