書評 プロアクティブ学習革命

未来を創る朝読書

プロアクティブ学習革命
著 さかはらあつし
版 イーストプレス

 

「小さくても勝てます」の著者。
さかはらあつし 氏、四浪の末京大入学。
電通に就職 同社に勤務中 あの地下鉄サリン事件に巻き込まれる。その後渡米しMBA取得。
映画「おはぎ」(13才の神田沙也加さんが主演)
監督として関わり、バンドール賞を受賞。
現在は、映画監督 経営コンサルタント として活躍中です。

 

経歴だけみるとすごい天才!と思ってしまいますが、受験期の全国模試が下から2番目だったこともあるという方。

必要の能力差はせいぜい1〜2%
自分を知ることが、結果を作る!

朝から シナプス 炸裂中です。

 

関連記事

  1. 自己投影型消費

  2. 修造ドリル

  3. 想像以上に緻密な漫才だった!Blog?30

  4. 書評 イノベーションを起こす組織

  5. 書評 すごすぎる!武将たちのPR戦略

  6. 書評 ”偽りの自分”からの脱出

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA