書評 ウニヒピリ

未来を創る朝読書

今朝の1冊
ウニヒピリ
著 イハレアカラ・ヒューレン
版 サンマーク出版

 

ホ・オポノポノ と呼ばれるハワイ伝わる伝統的な問題解決の儀式(的なもの)をモーナ女史が現在的に体系化したもの。

ホ・オポノポノで言うウニヒピリとは、わかりやすく言えば潜在意識のこと。
私たちを取り巻く現実があるのではなく、私の潜在意識意識の中の記憶が現実をつくっている。

この考え方の延長線上にあるのは、「全ては自分の責任」という認識。
つまり全ては自分で変え行くことが可能。
ただし、エゴからではなく、ウニヒピリの中にある、記憶のクリーニングを通じて。

今朝は、経済センターからスタートです。

 

関連記事

  1. 習慣力という力 ブログ?No16

  2. 書評 構想力の方法論

  3. 書評 現代語訳 論語と算盤

  4. 事業性評価とは目利き力 目利き力とは知恵の経営 

  5. 書評 知財のビジネス価値評価検討タスクフォース報告書

  6. マインドを整える ブロブ?No18

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA