部分最適ではなく、全体最適で考える 知恵の経営onepointo Blog?N07

問題に直面した時、

問題をよく検討しようとして、問題を目の前に引き寄せすぎて、

全体像が見えなくなっていらっしゃるケースの方をお見受けします。

問題を詳細まで検討することは大事です。

でもそれは、あくまで現時点の立ち位置を確認するため、

問題を目の前に引き寄せて検討する時、その解決手法は

解決手法ではなく、問題を引き起こした人物への対応に終始するという

きわめて小手先の「解決」しか導きだせません。

 

吟味が終わったら、それで、この事業をどのように育てたいのか、

自らが描いている「経営ビジョン」から考えた時、

なぜ、そのような事態が生じたのかは、経営基盤や、仕組みの問題として

対応策をこうじることが出来るのです。

 

事業で生じた問題を考える時、個人の資質の問題に終始してしまっている時、

それは、ビジョンから遠く離れているときです。

もう一度、原点を振り返り、目指すビジョンの輪郭を思い出すことから始めましょう。

 

 

 

関連記事

  1. 過剰な謙遜にひそむ、クレクレ星人

  2. 大きく舵をきるとき・・・Blog?No1

  3. 知恵の経営 報告書をつくる意義1

  4. 知恵の経営報告書は実現する未来を創る

  5. 「知恵の経営報告書」を創る意義

  6. 知恵に関すること

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA