おきゃくさまは、誰ですか? 知恵の経営onepoint ブログ?No10

他社には知られていない、入手ルートで手に入れた、

最高級の素材で

他社ではまねできない出来ない、特殊技術を活用して、

満を持して、創った商品です、

が、売れません。売れないんです。

 

というお話は、ちまたにあふれかえっています。

その、入手ルートが如何に、御社ならではの、特殊な関係で成り立っていても

その、特殊技術が如何に、御社でしかできない、技術蓄積の結果可能になったものでも、

 

おきゃくさまが「いらない」というものを、創ってはいけないのです。

そもそも、開発してはいけないのです。

 

知恵の経営報告書は技術評価のためにあるのものではなく、

顧客価値創造の源泉と、

価値という目に見えないものが商品・サービスという形あるものに姿を還る

過程を描くものです。

 

四文字熟語で価値創造と表現してしまえば、なんだか実態が良くわからなくなりますが、

それは、要するに、おきゃくさまへの「思いやり」であり、

おきゃくさまを「幸せに」にすることです。

そして、その「幸せに」の形が商品・サービスの仕様となって仕上がります。

 

ものづくり企業の知恵の経営報告書は、なかなか、取り組みがいのある仕事です。オフィスやまもとの経営理念"

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA