知恵の経営とは

知恵の経営とは、

人が営む知的な活動を最重要な経営資源と考えます。

たとえどれほどAIが進んでも

IOTでモノとコトがインタネーットで繋がるようになっても

それらを、制限、拡張させるのは、人の「知」的な活動です。

人にの「知」には経済合理性の追求するのみならず、

理念に基づく倫理観、利他の心が含まれています。

隣の芝に目をむけず、自らの理念に則った経営となっているか?

従業員が生き生きと働けるマネジメントとなってるか。

お客様への提案が、テクニックやスキルに偏ったマーケティングになっていないか。

時々立ち止まって考える時間をお持ち下さい。

関連記事

  1. レゾナンスリーディングは必要な時、過去の知識が自動的に湧き出…

  2. プロ意識を徹底するとは

  3. 自らを知る その1

  4. 和田裕美 手帳買いました。 Blog? No3

  5. 知恵の経営 報告書 が意味を持つとき Blog?No2

  6. この会社は伸びる!と感じる瞬間 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA