自己投影型消費

出版スピードの速い神田昌典氏の

近著とは言いがたいのですが、彼の著作の中では抜きんでて分厚く

でもイラストや図が多用され、語りかけるような文章も親しみやすい

「全脳思考」すでに何度か読んではいるのですが、なにせ長いので、少しづつよんでの繰り返しです。

 

最近になって目に飛び込んだのが、「自己投影型消費」の時代という一節。

それは、高額なものでも、所得に関係なく、自分が自分になるために購入するという

自己実現型消費、あるいは投資にちかい感覚の購入感覚のコト。

マズローによれば、自己実現とは生きるための消費や、嗜好や娯楽のための消費ではなく、

生命の安心が満たされ、所属の欲求が満たされ、承認の欲求が満たされ、初めて人は自己実現欲求に向かって

進むことができる。

自己投影型消費とはその自己実現を補完するための消費ということになる。

全脳思考によれば、私が私になるための消費といこと。

これは、一昔前の、自己顕示のための消費、バブルやセレブといった消費とは一線を画し、

その商品のもつ「物語」に「本物」がある場合に成り立つ。

「本物」であるということ、一貫した「物語」が商品に流れていること

この二つの要素がこれからの売れる「商品」の2大要素なのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. 書評 なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?

  2. 書評 イノベーションを起こす組織

  3. 書評【うまくいっている人は 朝食前になにをしているのか?】早…

  4. 書評 THE TEAM

  5. 書評 脳を最適化すれば能力は2倍になる

  6. 書評 平和をつくるを仕事にする

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


  1. 2020.03.02

    女性起業家が習慣にするといいこと

  2. 2020.03.01

    自分なりの獣道を歩くことが当たり前の時代に北極星を見つけ…

  3. 2020.02.29

    アタマで考え論理的に正しい思考プロセスほど危険なモノはな…

  4. 2020.02.27

    毎日の1% その先にあるもの

  5. 2020.02.26

    仕事の本質は社会でおこっている問題を解決すること

  1. 2016.10.25

    経営者の思い=経営理念が事業を創る 知恵の経営onepo…

  2. 2015.05.29

    本当の経営課題に気付いていますか?

  3. 2015.05.26

    オフィスやまもと ポリシー

  4. 2015.05.03

    優れた事業のビジネスモデルはスパイラルに循環し成長する。…

  5. 2014.05.24

    ドリルを売るなら穴を売れ