ドリルを売るなら穴を売れ

久し振りに 佐藤義典氏の書籍を読みました。

大人気メルマガ「うれたま」を熱心に読んでいたのは

今から5~6年前

マーケティングの「マ」の字も知らなかった頃に出会い

ああ…なるほどといつも目からウロコの思いをもって

読ませて頂いていました。

あこがれが昂じて、創業セミナーに講師でお越し頂いたこともありました。

講義が終わる最期の一言、

「ご武運お祈りいたします」で絞めて、講義は終わり、

あなたの顧客はどんな方?という想定で描いた

人物画が手元に残りました

知らない間に、顧客要件定義というやつを教わっていたのでした。

そのころの丁度「ドリルを売るなら穴を売れ」を執筆中だったためが

先生のメルマガ、「売れたま」の話題は、「ドリルを売るなら穴を売れ」

に集中していて、売多真子(うれた まこ)がソーレシチリアーノを

展開する過程を垣間読みさせてもらっていました。

改めて、通して読ませてもらって、

マーケとは何か、初歩の初歩が非常によくわかる、

そしてマーケターとして、絶対大事にしないといけない、

「倫理」にも触れらる、素晴らしい書籍

改めて、多くの方に読んでいただきたい書籍でした。

ドリルを売るには穴を売れ

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 書評 さあ、商いを楽しもう!まちゼミ

  2. 「デザイン思考」を地で行う人

  3. 書評 お金の神様に可愛がられる方法

  4. 書評 未来を予約するCITTA式手帳術

  5. 書評 THE TEAM

  6. 書評:未来教室 実現する未来を創るとは、その先の想像力。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA