1960.11.03 京都に生まれる。

関西大学社会学部卒業。大学生協書籍部を経て出産を気に退職。地元に戻り商工会経営相談員となる。

商工会勤務のかたわら、子供の不登校をキカッケに舞台表現を通しヒトの中で生きることを学ぶ活動に参加。

舞台に出るため夢中で稽古に参加する。舞台のために身体を鍛えた結果、小学校4年生発祥した側湾症の姿勢が改善される。

広域商工会へ出向後、マーケティング講座や現場改善などのテーマで地元の小さな会社が元気になる事業を展開。

2008年目に見えない人が営む知的な活動「知的資産」を大切にする、知的資産経営に触れ人生の舵を舞台から仕事にシフト。

その後異動した商工会連合会で、京都府内北部、中部、南部をくまなく訪問できる機会を得る。そこで地域の小さな企業が、地元雇用の受皿だけでなく、日本の中堅企業や大企業を支える屋台骨である事を実感。

2014年よろず支援拠点に可能性を見いだし、コーディネーターに就任。

2017年より中小企業庁事業よろず支援拠点チーフコーディネーター

9つの質問で、事業全体を俯瞰するビジネスモデルキャンパス:BMAI協会認定ジュニアコンサルタント

対話による気付きと行動を創る読書会の主催:リードフォーアクション協会認定ファシリテーター

著者と共鳴する読書術:レゾナンスリーディング認定ファシリテーター