2017年夏京都成章高校を甲子園に出場させた「予祝のススメ」

「ノーサイン・フルスィング・野球を楽しむ」

2017年夏 京都で甲子園出場を目指して、戦ったのは、京都成章高校と絶対王者の龍谷大平安。この試合、誰もが龍谷大平安の勝ちを信じて疑わない対決でした。龍谷大平安高校は前身の平安高校時代から野球の強豪高。センバツ出場は40回、夏の甲子園大会出場は今年で34回目。

そんな誰もが知る野球の超強豪校に立ち向かう京都成章高校には、監督の他にメンタルトレナ―としてサポートしていたのが、大嶋啓介さん。

      居酒屋てっぺんのHPよりお借りしました。

てっぺんの朝礼で有名な方です。私も朝礼に参加したことがあります。朝礼と言っても居酒屋の始業時ですから開始は午後5時。事前に参加希望を伝えれば、お店のスタッフの方と一緒に円陣組めます。その場で自分がなにで世界一になるかを大きな声で宣言。場の雰囲気にのみ込まれてか、普段無口で何を考える?と思っていた方が大きな声で自分の夢を宣言したことが印象的でした。

 大嶋啓介さん、実はアントレプレナーで有名な、福島正伸さんに師事されています。福島さんと言えば、コンサル先で問題がおこったとき、まず「最高で~~~す。 」と悦ばれる。

その大嶋さんが、2017年夏、甲子園を目指す京都大会決勝戦で、監督に提案した作戦が、

「ノーサイン・フルスィング・野球を楽しむ」

甲子園出場を果たして悦ぶ成章高校 写真は日刊スポーツ新聞からお借りしています。

そう、監督は選手を信じサインをださない。選手はフルスイングで野球を楽しむ!!甲子園をかけた、普通なら超緊張してガチガチになってしまいがちな大舞台で採用された作戦がこれだったんです。

結果、龍谷大平安高校に快勝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA