誰に出会うかで、起業は決まり ソロモンの指輪とLED関西

生まれた時、赤ちゃんだったあなたは最初に出会う人を選ぶことはできませんでした。けれど、起業すると決めた時、その産声を上げた時、最初に誰に会いに行くのかは、非常に大事です。

◇誰と出会うかを決める

昨日は、お友達のHちゃんと一緒にLED関西という催し物に出かけてきました。

 
 これ簡単に言えば、経済産業省が主催する近畿二府四県の起業女性のビジネスプランコンテスト。今年も8月から応募開始ということで、昨日はそのキックオフイベント。

◇おこづかい 5万円の主婦が月商650万!!

  昨日は、過去こちらのコンテストで最終選考まで残ったファイナリストで、現在事業家として活躍していらっしゃる方々のプレゼンをお聞きしました。
 まぁ、なんと専業主婦、ご自身のおこづかい5万円からスタートしLEDの支援をうけて、現在月商650万円という方。今年の1月にファイナリストとなり、法人設立、その後法人契約をはじめ中国地方の自治体との契約まで結ばれた方など、ファイナリストの皆さんは目を見張るような「成果」をあげていらっしゃいます。
 
 何が彼女たちをここまで押し上げた??
 それは、補助金や、コンサル支援ではありませんでした。
 その支援とは、
 
 1.現在事業家として成功したLED関西の先輩起業家との関係。(制度として確立しています)
 2.楽天をはじめ協賛企業からの惜しみない提携(資金以外の事業提携)
 3.LED関西ファイナリストという信頼。
 
 この3つ。
 
 中でも私が大きいと思ったのは、1.
 起業して最初に出会う先輩との関係。
 

 ◇ソロモンの指輪を地で行く成長

  動物行動を科学者のコンラートローレンツ博士の著書に「ソロモンの指輪」というエッセー集的な本があります。かなり前の本なのでもう文庫しかありません。
 
 このなかで、ハイイロガン(鳥です)の雛が、孵化し最初に目にしたローレンツ博士を親と認識し、おうちの中を博士の後を追う描写があります。
 最初に見たものを親と認識する=親の行動を真似る。ハイイロガンは、人間を親と認識しその行動を真似ても、鳥という「種」を超えられず、人間になることはできません。
 
 けれど、起業女性と事業家として成長した女性たちは同じ種。最初に出会った、自分の数歩先を行く事業家を自分の親と認識し、自分も同じ道が行ける、自分もできると認識し、その行動を真似た時、思考のスケールが飛躍的にアップする。
  
 発行当時のかわいい表紙はもうなくて文庫のみ

 ◇何をするか以上に誰と一緒にいるか

 こんな実験があるそうです。
 5名の人を共同生活させると、だいたい年収が同じなる。
 その中の誰か一人を抜き出して、数倍の年収のメンバーとまた共同生活をさせる、そうすると、数か月後、途中で共同生活に参加したメンバーの年収はそのメンバーたちと同じ年収に近づいたと、いうもの。
 
 人間にはミラーニューロンという脳細胞があり、一緒に過ごす人の脳細胞の動きを、文字通り鏡のように写し取り、自分も同じ動きをしだす。誰と一緒にいるかで、思考と行動変わる。だから集団が均質になってゆく。だからだれと一緒にいるのか、どの集団で過ごすのかが非常に非常に大切。
 
 誕生した瞬間、最初に出会う親や家庭を選ぶことはできなくとも、起業という行動を起こしたとき、だれと出会おうとするかは選べます。
 
 ネットで検索すれば「山」のように情報があふれている今日、この人、この催し、この団体。行動をデザインし、選ぶのはあなた。
 
 感性を研ぎ澄まし、素敵な出会いを繋げてゆきましょう。
 
 オフィスやまもとはあなたの成長を応援します。
  かって誰かの娘だったあなたと読みたい1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA