書評 大人の女よ!もっと攻めなさい

未来を創る朝読書
令和元年 7月5日

本日の1冊
大人の女よ!もっと攻めなさい
著 斎藤薫
版 集英社

 

攻めなさいと言われて、それはだれかを責めるのではなく、女としての意識を持ち続けるためには若い時以上に、「攻める」=女としてある、居続ける行動をせよと、そういうことなのでしょう。

若いときは、いるだけで女。
年齢を重ねれば、意志と知性がなければ女としてあれない。

 

共感ポイント3つはここ!

声の美しさ。

ハイヒールを履くこと。

人目を意識することは人が美しくなろうとする第一歩。

 

 

ハイヒールが一番ハードル高い…

女として、というフレーズの前では、おチャラらけてしまうことが多い私ですが、真剣に向き合おうと、思いました。

 

関連記事

  1. 鉄工所こそ感性価値の時代!書評「遊ぶ鉄工所」楽しくなければ仕…

  2. 書評 選ばれる女におなりなさい

  3. 「デザイン思考」を地で行う人

  4. 書評 現代語訳 論語と算盤

  5. 書評 マーケティングとは組織革命である。

  6. 今、読むと腑に落ちる本「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA