書評 大人の女よ!もっと攻めなさい

未来を創る朝読書
令和元年 7月5日

本日の1冊
大人の女よ!もっと攻めなさい
著 斎藤薫
版 集英社

 

攻めなさいと言われて、それはだれかを責めるのではなく、女としての意識を持ち続けるためには若い時以上に、「攻める」=女としてある、居続ける行動をせよと、そういうことなのでしょう。

若いときは、いるだけで女。
年齢を重ねれば、意志と知性がなければ女としてあれない。

 

共感ポイント3つはここ!

声の美しさ。

ハイヒールを履くこと。

人目を意識することは人が美しくなろうとする第一歩。

 

 

ハイヒールが一番ハードル高い…

女として、というフレーズの前では、おチャラらけてしまうことが多い私ですが、真剣に向き合おうと、思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA