書評 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

おはようございます。

未来を創る朝読書
令和元年7月30日(火)

植松さんを支え続けてきたのは、読書の力だと確信した一昨日の講演会。
私自身も本が支えでした。

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ
著 小池浩
版 サンマーク出版

 

 

この本は刊行されたときに買って、沢山の人に勧め、実際に購入してプレゼントもした1冊。

現実世界と自分の内面でおこっていることが、きちっとリンクしているということを、リアルに教えてくれてくれる1冊です。

 

著者 プロフィール
12年前、念願のアパレルショップ経営の為に負った借金が膨れ上がり、2000万を超える。
しかもそのうち、弁護士から「一番借りちゃいけないところ」と言われる、闇金からの借金が600万円。
客観的に考えれば、自己破産しかない、という状態に追い詰められた時、宇宙と自分のつながりを思い出し、「10年で返す」「幸せになる」と決めて行動開始。
借金を返しながら10年の間に、幸せな結婚をし2名の子供に恵まれ、借金も無事完済。

 

◇上手くいかないひとの共通パターン

自虐
どうせ、でも、だって、〇〇は売れなくなっている。
若者の〇〇離れが進んでいるんです。
自分を悲劇の主人公にして行動しない理由を述べ続ける。

懇願
何とかしできませんか?
何とかしてください。
人に頼む。

夢見心地
〇〇したいな~返したいな~で終わる。
永遠に〇〇したいが続く。

 

心当たりはありませんか?
私は・・・・ありました。

自分でできない理由をだして、なんとかしてくれと、周りに「いいつけ」。
本当は~したんです。でもできないんです。だって~さんが、ともっともらしく言い募る。

これで、幸せになれるわけないでしょ。

 

 

◇決めたら動く

まず、自分で自分がどうなれば幸せかを決める。
この本では「宇宙にオーダーする」と書かれています。
そう、感覚はオーダー=注文する。
昨日の植松さんは、「思う」とおっしゃってました。

ただ、注文したら自動的に叶うのではなく、動く。
途方もない夢のように思っても、ルートが全然見つからなくっても、その次の瞬間の、浮かんだことを、小さくやってみる。
関係ありそうな行動でも関係なさそうな行動でも、動いてみる。
たとえそれが、草むしりでも。

 

◇実はこれでもう叶いました。

さて、私、以前から、鳥取の不思議なパン屋さん「タルマーリー」に行きたかったのです。(行きたいという時点で、夢見心地)

昨日、何気なく「タルマーリー行きたい」と口に出したら、隣にいた昨日初めてお会いした方が「いいですね~行きましょう」と言って下さり、そうするとその場にいた方が、タルマーリーなら僕のトモダチのトモダチぐらいの関係になるんで、僕が繋ぐし一緒に行こ~・・・・・

ということになり、ツアーが企画されることに!!

 

本文に
宇宙には善悪はなく、人がつぶやく口ぐせがただ広まって、増幅し、現実となる
とありました。

この言葉を信じるか信じないかは、あなた次第。

でも、決めて行動する、それで叶うのであれば、信じたほうがずっと得だし、ずっと楽しいですよね。

今日も素敵な一日を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA