書評 アンミカ流ポジティブ脳の作り方

未来を創る朝読書
令和元年7月3日

アンミカ流ポジティブ脳の作り方
著 アンミカ
版 宝島社

 

モデルでさっそうとかっこいい、アンミカちゃん。

昨日の夕刊で知りました。
子供のころ、家族7人で四畳半一間生活だったこと。
給食費が払えないこともあったとこと。

その過去の延長に未来があるとすれば、
モデルとしてパリコレの舞台を踏むなんて、未来はあり得なかった。

昨日の植松氏の本の言葉

未来というものは、
現在できることの先には
絶対ありません
未来とは、
未知なる進化の先にあるものです。

これを身をもって表現されている。

企業も同じ。
現状の分析、診断、評価の延長には、持続すらないのではと
思うのです。

 

関連記事

  1. 書評 プロアクティブ学習革命

  2. 書評 日本人の勝算

  3. 書評 脳を最適化すれば能力は2倍になる

  4. 書評「小さくても勝てます」

  5. 書評 遊ぶ鉄工所

  6. 書評 人間関係境界線の上手な引き方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA