書評 アンミカ流ポジティブ脳の作り方

未来を創る朝読書
令和元年7月3日

アンミカ流ポジティブ脳の作り方
著 アンミカ
版 宝島社

 

モデルでさっそうとかっこいい、アンミカちゃん。

昨日の夕刊で知りました。
子供のころ、家族7人で四畳半一間生活だったこと。
給食費が払えないこともあったとこと。

その過去の延長に未来があるとすれば、
モデルとしてパリコレの舞台を踏むなんて、未来はあり得なかった。

昨日の植松氏の本の言葉

未来というものは、
現在できることの先には
絶対ありません
未来とは、
未知なる進化の先にあるものです。

これを身をもって表現されている。

企業も同じ。
現状の分析、診断、評価の延長には、持続すらないのではと
思うのです。

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. コトラー先生との対話する!コトラーのマーケティング4.0スマ…

  2. 書評 イノベーションを起こす組織

  3. これ、私のツボなんです! 脳と身体の話 アントニオ・ダマシオ…

  4. 書評 なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?

  5. 書評 ブームをつくる

  6. 書評 人間関係境界線の上手な引き方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


  1. 2020.03.02

    女性起業家が習慣にするといいこと

  2. 2020.03.01

    自分なりの獣道を歩くことが当たり前の時代に北極星を見つけ…

  3. 2020.02.29

    アタマで考え論理的に正しい思考プロセスほど危険なモノはな…

  4. 2020.02.27

    毎日の1% その先にあるもの

  5. 2020.02.26

    仕事の本質は社会でおこっている問題を解決すること

  1. 2016.10.25

    経営者の思い=経営理念が事業を創る 知恵の経営onepo…

  2. 2015.05.29

    本当の経営課題に気付いていますか?

  3. 2015.05.26

    オフィスやまもと ポリシー

  4. 2015.05.03

    優れた事業のビジネスモデルはスパイラルに循環し成長する。…

  5. 2014.05.24

    ドリルを売るなら穴を売れ