ちいさいお店は町の宝   

地域の小さなお店は町の宝

その1 美容室 Hair & face room Hug 州見台店

一粒万倍美日の今日。自宅から車で30分かけて小さな家族経営の美容室に行ってきました。年齢を重ね、行きつけの美容院のスタイリストさんがお店を移られ、ここしばらく美容室ジプシーでホットペッパービューティよさげな美容室を転々としてきました。こちらの美容室もそうだったのですが、2店舗ある個人経営、一人のスタイリストが最後まで仕上げる、価格が書いていない、などが決め手になり1回目を予約。ナビを起動させずんずん走って、たどり着いた新興住宅街の小さなご自宅兼店舗の扉を開けると、なんとびっくり、私が愛用している石鹸シャンプーよりも環境にやさしいお酢由来のシャンプとリンスがドーンと並んでいました。 

こちら、ネットでは買えないサロン限定商品

このシリーズネッㇳでは扱っていなくって、パーマ液や髪染めなど扱う全ての薬品を身体にもやさしいもので揃えている。そんな美容室でしか扱っていないんです。美容室ジプシーをスタートした大阪四ツ橋の美容室には普通にありましたが、なんど地元で巡り合うとは!!

現在の仕事、実は最前線で責任を負うことも多いし、落合陽一が言う、ホワイトカラーおじさん的な人に囲まれることも多い。見た目女性らしくはそうだけど、それだけでは、納まらない微妙な立ち位置。そんなポジションを説明すると、チャキチャキと判断しショートに。それも可愛すぎず、若干攻めを意識した髪型に。

Hair & face room Hug 州見台店

で、1か月半たった本日も行ってまいりました。

今日は、カットとカラーをお願いしたところ、「業界トップの毛染め剤使っていますので、荒れることはほぼありません」「うちは個人でやっていますから、管理もきちんとできますし、この毛染め剤は業界トップで言い切れます」

お~頼もしい!! 「色はお任せします」自分の不得意なことはプロに任せる。結果真っ黒ではなく、気持ち栗色にツヤツヤの染まりました。前髪も創っていただき、産毛も眉も整え頂いて、かえる時は道まででてきて手を振っていただきました~~~。

2.パン屋さん tetote 10周年

その後、国道を走って帰る途中、小腹がすいたので立ち寄ったのが、ここ

国道沿いでも駅近でもない、週3回だけの開店するめちゃちいさなお店。でも食パンが評判でめったに手に入らない。今日は運よく食パンGET!! 280円なり。お会計を済ませようとしたら、「今10周年記念で500円以上お買い上げのお客様にくじ引きをサービスしています」とのこと。かわいい奥さまに言われて最後の一個ガトーショコラ300円を買って、くじにトライ。したら焼き菓子セットがあたりました、私このお店の存在しったのが最近で、そんな言うほど利用していない、殆ど一元さんみたいなお客さん。彼女はきっと毎日のように来るお客様にも私のような一元さん的お客様にも変わらぬ笑顔で変わらぬサービスをしているのでしょうね。

ちいさなお店は町の宝

先ほどの美容室もこちらのパン屋さんも、家族経営で日本経済に果たす役割ってきっと米粒よりも小さい、と思う。でも、顔の見える関係、2回目のお客様の私にぴったりの髪型とカラー、ずぼらな私にドライヤーの当て方まで教えて下さって、帰る時には惜しみなない笑顔。パン屋さんにしても、そう。顔の見える関係、また行きたくなる笑顔。二人の女性はその笑顔の循環の中で子育てをし、地域に貢献しています。

町のちいさなお店は地域の宝

オフィスやまもとは、その宝を応援しています。

■ビジネスモデルをデザインし、理想の事業を育てる6ヶ月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA