知財戦略2019について

 

 

 

未来を創る朝読書

 

本日は読書ではなく、6月21日内閣府より発表された知財戦略2019について。

私が捉えたテーマは、デザイン社会の実現。

 

脱平均

融合

共感

 

知的財産の概念を従来よりも大きくとらえ、どうやら知的資産も財産の中にincludeされているようです。

 

ここは、議論の余地があるのでは・・・ということではなく、なぜ、そうなのか背景や問題意識のへの理解を深めることが重要でしょう。

 

安倍政権が言っているからとか、国の方向性だからということではなく、なんどもいうように、その問題意識、危機意識をくみ取り、経営をデザインするという新しい視点、そしてもう既に多くの先達者がいるのですが、そうした先達者に学ぶという視点が求められているのです。

 

https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg19153.html

 

PDFはこちら

 

 

関連記事

  1. 新幹線!ビジネスモデルはまだ有効ですか?

  2. 質問の質は人生の「質」

  3. 知恵の経営 報告書 が意味を持つとき Blog?No2

  4. ビジネスモデルキャンパスで 目的を忘れない

  5. sekai no owari

  6. 見たいと思う世界の変化に、あなた自身がなるために Blog?…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA