書評 現代語訳 論語と算盤

未来を創る朝読書
令和元年 6月28日

現代語訳論語と算盤
著 渋沢栄一著
版 ちくま新書

日本実業界の父といわれる、渋沢栄一氏。

現代訳がわかりやすく、同時に実に深い。後半に愉快に仕事をするという一説がありましたが、もっと現代的に言うならば、ワクワクと仕事せよという意味なのでしょうね。 

若いときに、武士を志し、全国を放浪し、そのご実業家になろうという志をたて、日本実業界を創った、渋沢栄一の生き方。

それは、意志をもって、自分の人生をデザインし、同時に日本の実業界をデザインしたと言えるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 書評 成約率98%の秘訣

  2. 書評 ホ・オポノポノ ライフ

  3. 無意識の整え方〜整えるべきは顕在意識? Blog?No23

  4. 書評 人間関係境界線の上手な引き方

  5. 書評 変身する組織へ贈る!世代交代ストーリー

  6. 自分なりの獣道を歩くことが当たり前の時代に北極星を見つけよう…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA