書評 現代語訳 論語と算盤

未来を創る朝読書
令和元年 6月28日

現代語訳論語と算盤
著 渋沢栄一著
版 ちくま新書

日本実業界の父といわれる、渋沢栄一氏。

現代訳がわかりやすく、同時に実に深い。後半に愉快に仕事をするという一説がありましたが、もっと現代的に言うならば、ワクワクと仕事せよという意味なのでしょうね。 

若いときに、武士を志し、全国を放浪し、そのご実業家になろうという志をたて、日本実業界を創った、渋沢栄一の生き方。

それは、意志をもって、自分の人生をデザインし、同時に日本の実業界をデザインしたと言えるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 「デザイン思考」を地で行う人

  2. 鉄工所こそ感性価値の時代!書評「遊ぶ鉄工所」楽しくなければ仕…

  3. 書評 2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則

  4. 書評 お金の神様に可愛がられる3行ノートの魔法

  5. 書評 手帳にこう書くと宇宙が願いを叶えだす

  6. 書評 YESの9割はフロントトークで決まる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA