書評 現代語訳 論語と算盤

未来を創る朝読書
令和元年 6月28日

現代語訳論語と算盤
著 渋沢栄一著
版 ちくま新書

日本実業界の父といわれる、渋沢栄一氏。

現代訳がわかりやすく、同時に実に深い。後半に愉快に仕事をするという一説がありましたが、もっと現代的に言うならば、ワクワクと仕事せよという意味なのでしょうね。 

若いときに、武士を志し、全国を放浪し、そのご実業家になろうという志をたて、日本実業界を創った、渋沢栄一の生き方。

それは、意志をもって、自分の人生をデザインし、同時に日本の実業界をデザインしたと言えるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 書評 未来を予約するCITTA式手帳術

  2. アタマで考え論理的に正しい思考プロセスほど危険なモノはない …

  3. レゾナンスリーディングと知恵&もしくは知的資産経営 ブログ?…

  4. 書評 すごすぎる!武将たちのPR戦略

  5. 書評 バレットジャーナル

  6. 書評 アンミカ流ポジティブ脳の作り方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA