書評 京セラフィロソフィ

未来を創る朝読書

京セラ フィロソフィ
著 稲森和夫
版 サンマーク出版

 

昨日から 内閣府が推奨している、経営デザインシートに書かれている構想力にフォーカスして読みました。

構想力とは、野中郁次郎先生や紺野登先生によれば、存在しないものを存在させる力。

 

京セラ 稲盛和夫氏も、自社ではまだできない技術の受注でも、できます!と言って持ち帰り、研究者に開発させる。
これは、横暴ではなく、未来進行系で能力を信じているからできたこと。
昨日紹介した、「遊ぶ鉄工所」の中でも、うそも100回目には本当になる、とある。

 

稲盛さんも うそも方便 と書いている。
どちらも 可能な未来を信じたから言えた。

 

だから、存在しないものを、存在させることができた。

 

 

関連記事

  1. 書評 日本人の勝算

  2. 書評 タカラモノ

  3. 響きあうってことがどんなに素敵で大切か レゾナンスのすすめ

  4. 書評 「見えない資産」経営

  5. 書評 不安な個人、立ちすくむ国家

  6. 書評 脳を最適化すれば能力は2倍になる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA