動機善なりや、私心なかりしや・・・

動機善なりや、私心なかりしや・・・

こちらは知る人ぞ知る、京セラ創業者稲盛和夫氏の言葉。

氏は、これまで、何かことをおこす際、常に自分に問い続けられてきたそうです。

動機が不純なら、どのように美辞麗句で飾り立てても、不純な結果を産みます。

私心があって着手して、どのように取り繕い、カムフラージュしたところで、

必ずそれは、人の知るとことになります。

ただし、こちらは元々仏教の教えから出た言葉。

時間軸は仏様やお釈迦様のそれ、・・・・です。

私たち人間の生きる時間軸より、当然違います。

出来事を俯瞰してみれるかどうか?

また、俯瞰して、みれば、

ーよく鳥の目で俯瞰する、なんて言いますがー

仏様や、お釈迦様の視点から俯瞰すると、

私たち人間を取り巻く出来事で、

プライベートも仕事もほぼ同心円。

かって、プライベートの動機、悪のスタートが

廻り廻って、仕事の結果として出ることもあれば、

仕事の私心が、プライベートな親族間の私心として

結果を出すこともある。

なんにせよ、おこった結果は自分が起こしたこととして

引き受ける。

これが稲盛さん・・・・・優れた経営者の優れている所以です。

一瞬、一瞬、祈りを捧げるように、

常に動機は善

私心は無しを心がけ、

想定外の困難が戻ってきても、自分の責任と受け止めて、

そのなかも、自分を信じ、でできる最善を選択し続ける。

ただそれだけを続けられる人でありますように。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA