書くことで、「想い」が形になる。

毎日、企業様と向き合い、対話を重ねる中で、気付くのは、

ご自身の事業に対しもっていられる「想い」を

キチンと言葉に表して持っておられる方は、案外少ないのでは

・・・ということです。

先代から、もしくは起業したときから抱いている、

自社が提供する価値への変わらぬ想い・・・経営理念

自社が提供する商品・サービスが創る世界・・経営ビジョン

自社の商品・サービスが存在する意義・・・ミッション

形の無い、「想い」を

理念・ビジョン・ミッションというフレームにおとし

まずご自身でご自身の「想い」に気付かれる事。

それが知的資産ファシリテーターの

一番最初の仕事です。

そしてその「想い」が形になる時、

事業に軸が通り、お客様にすべき方は誰かという

問題がしっかり見えてくるのです。

関連記事

  1. 戦略ってなんですか? 知恵の経営 onepoint ブログ?…

  2. 目標にコミットするとは、見えない物を信じることと同じこと

  3. レゾナンスリーディングと知恵&もしくは知的資産経営 ブログ?…

  4. これ、私のツボなんです! 脳と身体の話 アントニオ・ダマシオ…

  5. 知恵の経営 報告書をつくる意義1

  6. オフィスやまもと ポリシー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA