オフィス やまもと ビジョン 100年つづくくらし

私が育った家は、ゆうに築100年は経つ民家です。

時々に戸袋をサッシにしたり、水回りを近代的にしたりと手入しながら今日までやってきました。

なにせ小学4年生まで「おくどさん」があり、「五右衛門風呂」が当たり前でした。

あの家で、曾祖母が息を引き取る瞬間を家族で看取り、弟と妹を迎え入れ、祖母を見送り

おそらくもう間もなく両親のどちらかづつを見送るのでしょう。

あの家の門柱で、曾祖母は末の息子に「決して死ぬな」と伝え戦地に送り出しました。

白い割烹着にたすき掛けの「国防婦人会」には交わらず、一人見送ったそうです。

100年は、家族の歴史と未来を想像すれば、手の届く範囲の年月です。

今の私たちの日々の暮らしぶりとその暮らしぶりの素となる「想いが」次の100年を創ります。

人の営みのなかで「仕事」とは、その暮らしを便利で快適にするため、人を幸せにするためのもの。

私のビジョン「100年つづくくらしをつくる」とは、今だけではなく、

自分の等身大で想像できる「人の幸せを紡ぐ仕事」を支援し、

支援者と事業者の垣根を越えて、互いに人の幸せを紡ぐ世界を実現するという決意なのです。

 

関連記事

  1. 新しいさを追求しない 知恵の経営onepoint ブログ?N…

  2. この会社は伸びる!と感じる瞬間 

  3. よい会計は悪いことがおきたとき真実を教えてくれる 

  4. あなたの夢も 「自動的にかなっている」

  5. 反省すると、成長しない 本日の読書の記録 ブログ?No25

  6. 京丹後で出会った源流を守る人たち。地域企業は日本を支える屋台…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA