「価格で売る」から「価値で売れる」へ

今月号の商業界のタイトルです。

私が、個人コンサルでお伝えし続けている事。

そして

よろずでお越しの方々にお伝えし続けている事。

改めて言葉にすると、結局これにつきるのです。

そう

「価格で売る」から「価値で売れる」

大量生産、大量消費のものづくり、商品販売に慣らされすぎて、

安くないと売れないと、勘違いして、ご自身の商品・サービスの価値を

自ら下げておられる方のなんと多いことか。

私は必要以上に高く売ってくださいとか、

コストダウンの努力をしなくていいとか、

そんなことを言っているのではなく、

あなたの商品・サービスの一つ一つがお客様の手に渡る、

その一連のプロセスの中で

どれだけあなたが、愛情を注いだか、手間をかけたか、を

キチンと伝え、適正な価格を誇りをもって頂かれるように、

毎回お話ししています。

よろずでは、大体週に3回位

「ヤマモトセンセイ」に「これ以上安く売っちゃダメです」と

社長さまが叱られています。

関連記事

  1. 知恵の経営報告書は実現する未来を創る

  2. 2018年版 CITTA手帳使いはじめました~

  3. 消費に終わるか、投資を始めるか。

  4. レゾナンスリーディングは必要な時、過去の知識が自動的に湧き出…

  5. ビジネスモデルキャンパスで 目的を忘れない

  6. 知恵の経営 報告書をつくる意義1

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA