「知恵の経営報告書」を創る意義

知的資産経営報告書という出発点 知恵の経営報告書は今を去ること平成18年度に、経済産業省の政策として、 有形資産を多く持たない、中小企業の「企業価値」や「成長性」「可能性」を 経営者のリーダーシップや、大企業にはない職人

続きを読む

...

整理は未来を創る

整理とは捨てることなり。 これは、トヨタ式生産システムの定義です。 では、何を捨てるのでしょう? ゴミは躊躇なく捨てられますね。 食品関係のように、賞味期限や消費期限、腐る、痛むが、はっきりと 目に見える形で、峻別できる

続きを読む

...

修造ドリル

松岡修造にはまっています。 修造さんは食べ物を頂くとき、目をつぶって味わって頂かれるそうです。 ラーメンを頂かれる時は、全力で味わうためれんげを使わないそうです。 それで私も、食事の時、目をつぶって味わってみました。 今

続きを読む

...

知恵の経営はLIVEsessyonn

平成20年度に制度化された知恵の経営報告書 (知的資産経営報告書とも言いますが) 黎明期は大変でした。 強みの概念、ヒアリングで何を抽出し、レポートするか。 暗黙知を形式知にするのか、専門家と言われる支援者も、支援機関の

続きを読む

...

オフィスやまもと ポリシー

改めて、オフィスやまもとのポリシーです。 補助金・助成金よりビジネスモデル 経営革新・知恵の経営報告書はコンサルティングツール 小規模基本法が施行され、かってない範囲で小規模企業の施策が充実しています。 弊社はこの機会に

続きを読む

...