ものづくり補助金

金曜日に、中央会が地方事務局を務める

「ものづくり・商業・サービス・革新補助金」の申請書の精査に

企業さんがいらっしゃいました。

申請書への落としこみはまだで、現段階の計画のたたき台でしたが、

複雑な形状加工品の写真

業務フローの図

創業から今日までの事業展開と

それに伴い蓄積された、技術について

詳細な記載がありました。

あとは、新規導入を予定されている機器を

1活用可能である、技術背景

2機器を活用して試作される製品の付加価値

3付加価値と想定する根拠

4同業他社と比べたときの優位性

5優位性を持ったことで予想される売上

などが、整合性をもって 書き込まれれば、

申請書としては申し分ないのではと思います。

もう少し速めにご相談頂ければ、

より具体的なやり取りを行い完成度をあげる

お手伝いができたかと思います。

昨日こられた企業様は、

自社の技術優位をご存知でその客観評価も顧客の方から

頂いておられたので、初見でも相当わかりやすい申請書たたき台と

なっていました。

いずれにしても、

自社の技術の客観的優位性を他者に判りやすく伝えるという力は

何時どんな時でも必要なものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA