見たいと思う世界の変化に、あなた自身がなりなさい」

                    M.ガンディー

この言葉に初めてであったのは、「全脳思考(現在はフューチャー・マッピング(R)に名称変更)」

のイントロダクション講座でした。

私たちは目の前に理不尽な出来事が生じた時、例えば震災や

紛争(と言う名の戦争)といった共通の痛みだけではなく、個

人的に抱える病や職業生活で「理不尽」と感じることに対し、

自分の態度を変える、ではなく、他者のあり方を変えさせよう

としてしまいがちです。

 

けれど、他者は私の「支配下」にはなく、そのあり方を変え

ようとするのは、途方もなく「効率の悪い」ことなのです。

それは例えて言えば、渡り鳥に春に移動するなと、包囲網を

造ろうとする、そんな滑稽な「努力」なのです。

 

変えるべきは、「世界」や「他者」ではなく、あなた自身。

あなた自身が、「見たいと願った世界の変化になる」と決め

て動くことが正しい「努力」です。

 

2017年 どんな世界を見ますか?

それは、1日数パーセントの変化かもしれません。時に変化

を感じることもできない日もあるかもしれません。

それでも、「見る」と決めた世界へ自分を変化させ動く努力

の積み重ねは必ずあなたを「見たい」世界へ連れてゆきます。

 

変化のスタートは、挨拶をするなど小さなことでいいのです。

例えば、「売上を120%アップする。そのためにより多く

営業をかけよう」と決める。アポを1件でも多くとるためには、

「挨拶をかかさない」と行動目標を決める。そしてそれを続け

れば、必ず「挨拶」の次にくる行動目標が定まります。

 

このようにして、最初の目的からブレずに自分を変える行動

を続けることがあなたを、あなたが見たいと願った世界への導

く最速のルートです。